ロンドンお肉事情 ジンジャーピッグ/Ginger Pig


すっかり久しぶりの投稿となってしまいました。
というのも、私は今、夫の単身赴任先のロンドンに来ています。

ロンドンにいても、やっぱり気になるのはお肉事情。
イギリスでは、どんなお肉が売られているのか、値段、質、種類、売り方、、、いろいろと気になります。

ロンドンも日本のようにスーパーで精肉が多く販売されているので、残念ながら精肉店自体は少ないです。

今回は、友人に教えてもらった精肉店”Ginger Pig”を紹介します。
ロンドン市内に8店舗展開しているうちの一つ、Moxon Street店へ行きました。Bond Streetという繁華街の駅より北に徒歩15分程度という好立地。
ginger pig
豚のロゴが可愛い、ロンドンらしいおしゃれな佇まい。

ginger pig2
お店に入ると、ショーケースの中にはお肉がフラットに並べられています。
西島畜産のような段があるショーケースは、ロンドンでは見たことがありません。
店名と異なり、豚肉だけでなく、牛・鶏・ラムなど色々なお肉が販売されています。
秤も最新式でおしゃれです。

鶏肉・豚肉などのコーナーはこんなかんじ。
ginger pig3
すべて説明はできませんが、
左手前の段よりちょっと紹介します。
「Chicken Breast skinless」は、鶏ムネ皮無し、という意味です。スーパーでも、ムネ肉が多く売られているので、イギリスではモモ肉よりムネ肉の方が人気のようです。
「Pigeon」はハトという意味なので、ハトの丸鶏。「Duck」はアヒル。
その後ろには、
「Gr(o)use」ライチョウの丸鶏、「Rabbit Legs」うさぎのモモ肉が並んでいます。

・・・日本では見たこともないようなお肉がたくさん。骨付きが多いです。
ちなみに、鶏モモ肉は骨付きしか見たことがありません。(以前購入した時は、家の切れない家庭用ナイフで自分で脱骨しました笑)

ginger pig4
「Lamb」ラム肉、子牛のラインナップが豊富!
「Calfs liver」は子牛のレバー。「Veal Escalope」は子牛の薄切り肉。

そしてそして牛肉コーナー。左手前の「Picanha」はイチボ(ランプ肉)という意味です。
ginger pig5
今回は、熟成の効いている「Tbone Steak」Tボーンステーキと「Beef Fillet」ヒレ肉のブロックを購入しました。ロンドンでは、ヒレ肉を「Fillet」または「Tender Loin」と表記します。どう違うのか、ご存知の方教えてください!

ginger pig6

注文すると、素手で(!)お肉を掴んで、秤に乗せて、包装紙に包んでくれます。
ginger pig8
オーダーカットもできますが、スライサーがない(スライス肉を販売していない)ので、どれもブロック肉です。
ginger pig9

そしてそしてなんと!!
奥には、冷蔵庫(熟成庫)のようなスペースが。
ginger pig7
手前に並んでいるロースはかなり色がいっちゃってました。
見えにくいですが、奥には牛肉の半丸(一頭の半分)も吊ってありました。見た目は日本の経産牛のような牛でしたが。

初めて行った精肉店だったので興奮してしまい、あまり細かいところまで見れなかったので、次回は、産地や熟成方法、熟成期間などもお店に人に聞いてリサーチしたいと思います(^^)

Ginger Pigのホームページへ

帰宅し、早速お夕飯の準備。
学校で習ったように、加熱する30分前に冷蔵庫から取り出します。
ginger pig10
まずは購入したTボーンステーキから。
1kgあたり27ポンド(=約3780円)、678gなので18.31ポンド(=約2563円)です。
日本では見かけることの少ないTボーンステーキは、ご存知の通り、サーロインとヒレ肉が背骨付きのままになっているステーキです。ヒレは、シャトーブリアンのようなヒレの中でもおいしいところです。
ginger pig11
フライパンで焼き始めたものの、
ginger pig12
フライパンに立ってしまうほどの厚さ。
はい、焼けません笑。

やっぱりオーブンで調理しました。
ginger pig13
この大きさのステーキをのせるお皿がなかったので、1pond shop(日本でいう100均)で購入したバットに盛りました笑

調理中は、熟成肉特有のフォアグラのような香りがかなり強くでていたのですが、食べるとそうでもありませんでした(鼻が慣れてしまった可能性も・・・?)

大食漢の夫はペロッと食べてしまったので、つづいて牛ヒレです。

Ginger Pigで購入したものと近所のスーパーで購入したものを食べ比べてみました。

Ginger Pigの方:
1kgあたり55ポンド(=約7700円)、242gなので13.31ポンド(=約1863円)です。
ヒレは、ヒレ頭と呼ばれる端っこのところです。
100gあたり770円なので、和牛と比べるとそりゃかなり安いですね。(西島畜産でヒレを買うと100g1800円~だったような・・。)
ginger pig14
Tボーンと違って、ヒレは変色が早いので熟成していないのか、調理中も熟成の香りは出てきませんでした。

近所のスーパーの方:
1kgあたり35.99ポンド(=約5038円)、233gなので8.39ポンド(=約1174円)です。
Ginger Pigより安いです。こちらのヒレも、ヒレ頭と呼ばれる端っこのところです。
2016-08-25 19.07.40r

どちらが美味しかったかというと、ダントツGinger Pigで購入したヒレです。
柔らかさが明らかに違いました。ただし、Tボーンに付いてたヒレが一番しっとりしていて柔らかく、おいしかったです。

二人で(ほとんどが夫が食べましたが)、Tボーン含め1.15kgのお肉を食べて、お腹いっぱい!

Ginger Pig、今度はハムやソーセージといった加工品もトライしてみたいです(^^)

——————————————

日英の肉比較

牛肉 サーロイン編
牛肉 リブロース編
牛肉 ヒレ編
牛肉 モモ ランイチ編(ランプ/イチボ)
牛肉 モモ ウチモモ編
牛肉 ハラミ編
牛肉 タン編
豚肉 ヒレ編
豚肉 ロース編
豚肉 バラ編
豚肉 カタロース編
豚肉 カタ(ウデ)編
豚肉 モモ編
鶏肉の部位編

ロンドンお肉事情

和牛の美味しさをイギリスへ
スライス肉がないこと
ロンドンの挽肉事情
ローストチキン(丸鶏)
骨付き豚バラ肉の脱骨整形方法
ローストビーフ(トップサイド)
嫌いな人も好きになる?!美味しいラム肉
ラムTボーンステーキでお祝い

ロンドンお肉事情 お店編

スミスフィールドマーケット/Smithfield Market
ジンジャーピッグ/Ginger Pig(ロンドンの人気精肉店)
肉レストランMACELLAIO