ウェディングビーフ?肉屋の結婚式


私事ではありますが、先月都内にて結婚式を挙げました。

ご招待させていただいた方には、畜産関係の方も多くいらっしゃったので、
タイトルにある通り、ウェディングケーキならぬローストビーフの”ウェディングビーフ“をご用意いただき、ケーキ入刀ではなく”お肉に入刀“しました(^^)

当初、こちらの式場は「ローストビーフに入刀なんてやった経験がないから難しい、肉の持ち込みも難しい」とおっしゃっていたのですが、ウェディングプランナーさんがどうにかこうにか、叶えてくださいました。
わがままを聞いてくださり、本当に感謝しております。
roastedbeefwedding

お決まりの”ファーストバイト”も、「一生美味しいお肉を食べさせてあげる(?)」という気持ちを込めて、、、もちろんお肉で。
ドレス姿のまま、白いニトリル手袋を付けて、平切り包丁を使って自分で切り分けさせてもらいました。
2017-02-16 18r
上手く切る自信があったのですが、たくさんの方に見守られる中、判の大きいサーロインのローストビーフを切るのは難しかったです(^^;)
2017-02-16 18rs

こちらローストビーフは、メインディッシュとして、ご招待客のみなさまにお召し上がりいただきました(^^)
美味しいと言ってもらえて、よかったです!!
2017-02-11 20.33r

というのも、こちらのお肉、実は、西島畜産でも取り扱っている茨城県産常陸牛(黒毛和牛)のサーロインを2本(25kg程)会場に持ち込んだものなんです!!

しかも、披露宴にお越しいただいた方の農場で育てられた牛で、A5ランクのメス牛。もちろん一頭買い!市場で父が選んでくれた牛です(^^)

骨付きではこんなかんじでした。
hitachigyuudakotsu
hitachigyuu

お肉の味が良くなるように、骨を付けたまま、湿度と温度が管理されている冷蔵庫にて熟成しました。
hitachigyuujyukusei

熟成後、脱骨の作業を行います。同時に、熟成することによって、変色した部分などを取り除きます。熟成って本当に贅沢です。
hitachiushi

披露宴では、色鮮やかに盛り付けていただき、とても綺麗でした(^^)
大満足なんてもんじゃありません!!
roastedbeef
ご協力いただいた方々、ありがとうございました!!
——————————————

肉屋の娘ブログ

全国食肉学校
なぜ肉屋がおもしろいか
ウェディングビーフ?肉屋の結婚式

和牛を世界へ

和牛の美味しさをイギリスへ
ロンドンJapan祭で全農さんのブースをお手伝い
ヨーロッパ最大級の食の展示会 SIAL in Paris 2018

日英の肉比較

牛肉 サーロイン編
牛肉 リブロース編
牛肉 ヒレ編
牛肉 モモ ランイチ編(ランプ/イチボ)
牛肉 モモ ウチモモ編
牛肉 ハラミ編
牛肉 タン編
豚肉 ヒレ編
豚肉 ロース編
豚肉 バラ編
豚肉 カタロース編
豚肉 カタ(ウデ)編
豚肉 モモ編
鶏肉の部位編
鶏肉の部位の勘違い Chicken DrumsticksとWing stick/Drumette

ロンドンお肉事情

スライス肉がないこと
ロンドンの挽肉事情
ローストチキン(丸鶏)
骨付き豚バラ肉の脱骨整形方法
ローストビーフ(トップサイド)
嫌いな人も好きになる?!美味しいラム肉
ラムTボーンステーキでお祝い

ロンドンお肉事情 お店編

ロンドンの精肉店
スミスフィールドマーケット/Smithfield Market
人気精肉店 ジンジャーピッグ/Ginger Pig
薄切り肉を買うならウィレットブッチャー/Willetts Butchers
ロンドンのレストラン
イタリア系肉レストラン MACELLAIO
ホルモン料理 セントジョーンズブレッド&ワイン/st john bread & wine
安くて美味しい人気ステーキ店 フラット アイロン ステーキ/Flat Iron Steak
美味しいステーキ店 ホークスモア/Hawksmoor
ロンドン最古のレストラン ルールズ/Rules
ローストビーフ有名店 シンプソンズ/Simpson’s in the Strand
高級イギリス料理(モダンブリティッシュ) 店 バーナーズ・タバーン/Berners Tavern