ロンドンお肉事情 Tボーンステーキでタルタルとステーキの二つを楽しむ


お料理上手のミートプラザニシジマのスタッフがロンドンに来てくれました(^o^)
しかも、以前紹介したジンジャーピッグ/Ginger Pig分厚いTボーンステーキを用意してくれました‼

Ginger Pigのお肉は熟成されていて香りがとっても良いんです。

なんと約1.5kg!!

こちらのサーロインとヒレが付いたものがTボーンステーキ/T-bone steakですが、サーロインとシャトーブリアン(ヒレの真ん中の判が大きい所)だとポーターハウスステーキ/Porterhouse steak、サーロインだけ(ヒレ無し)だとLボーンステーキ/L-bone steakと呼びます。

ちなみに、BSE危険部位の脊椎が含まれるTボーンステーキですが、月齢によっては日本の国産牛でも販売可能ということで、最近国内でも見かけることが増えてきました。(ただ、気になる方は召し上がらない方が良いかもしれませんが。)

勿体ないのですが、今回は調理時間短縮のため、骨を外すことに。

脱骨担当はもちろん私です。というか、やりたがり笑
この状態で外すのは初めてなので、肉を置く向きに悩みつつ外しました。
下がヒレで、上はサーロインです。

ヒレはタルタルにして頂くことに。
まずは、強火で肉の表面全てに色が付くように火を通します。

みじん切りにします。
粗みじん切りと細かいみじん切りを混ぜるのがポイントだそうです。

塩胡椒、粒マスタード、マヨネーズ、レモン汁、オリーブオイルと混ぜ合わせて、刻みネギを載せて完成!
お酒が進むお味です◎

次に、骨を外したサーロインは、塊のまま焼いてステーキに。

表面を中火で焼きます。30分程で完成!

思わず切りやすい方向から切ると、肉の目(青字)が・・・!!
肉の目と垂直に必ずカット(緑字)することが柔らかく頂くのには大切なので、お間違え無く!

香りが良くてとんでもなく美味しかったです◎

お肉以外にも、蟹と牡蠣が載ったホワイトアスパラに、トリュフオイルをかけたホワイトブロッコリーのサラダ等々と豪華な夕食。
ご馳走様でした!!