ルールズ/Rules ロンドン最古のレストランでイギリス料理


1798年にオープンしたロンドン最古のレストランルールズ/Rules
場所は”コベントガーデン/Covent garden”という、東京でいうと代官山のような、おしゃれなエリアに位置する高級レストランです。

ドレスコードは、”Jacket or tie not required, but we prefer smart casual”と書かれており、ジャケットやネクタイを付けなくても大丈夫ですが、常識として、ジーパンやビーチサンダルなんかは避けた方が良いと思います。

内装は、中世にタイムスリップしたような雰囲気で、レストラン入口の暖炉も素敵です。

至る所に歴史を感じさせられる骨董品が飾られています。
あちこち探索してみたくなります(^^)

まずは前菜から。

日本の物より小ぶりな牡蠣/Oyster。
レモンとエシャロットビネガーで頂くのがヨーロッパ流。

豚肉のテリーヌ/Terrine。
ワインとの相性◎!!

こちらは、ウズラのように見えますが、アカアシイワシャコ/Partridgeというキジ科の鳥のロースト。他にもライチョウ/Grouse、キジ/Pheasant、ウサギ/Rabbit、鹿肉/Venisonなどなど、ルールズはジビエ料理のメニューが豊富です。

エルサレムアーティチョークのスープ/Roast Jerusalem Artichoke soup。
エルサレムアーティチョークはアーティチョークではなく、日本名”菊芋”というお芋です。

スコットランド料理のひとつである鶏肉とネギのスープ/Cock-a-Leekie soup。


次はメイン。

日曜日には、”サンデーロースト“のメニューがあります!
ミディアムで注文しましたが、結構赤いです。
大きな丸いパンは、イギリスでは定番のヨークシャープディング/Yorkshire puddingというパンです。

日曜日以外は、ローストビーフに似ているメニュー”Rib of Beef for two (850g)“がおすすめ。
“for two”=二人前と書かれていますが、3~4人分ありますので、ご注意を。
このボリュームを忘れて注文すると、デザートまで行きつきません(^^;)
値段は、£71.9=10,000円程!

ラムチョップの炭火焼き/Char-Grilled Lamb Chops。
臭みが少なく、柔らかいイギリスのラムはとても美味しいのでおすすめです。

デザートの種類も豊富です。
伝統的なイギリスのデザートクイーンオブプディング/Queen of Puddings。

余ったパンを活用するためにできたデザートだそうです。
牛乳・バター・お砂糖・パン粉・卵黄を焼いた生地の上に、ジャムとメレンゲが載っています。
甘すぎず、美味しいです。

レモンチーズケーキ。
レモンが強めなので、さっぱり系が好きな方には〇。


高級店なので、前菜&メイン、ワインを少々頼めば、一人2万円近くなります。

ですが、内装もイギリスらしくて素敵ですし、ジビエメニューも楽しいし、おすすめのレストランです。週末は特に混み合いますので、予約した方が良いと思います。

——————————

イギリス/ロンドンのおすすめレストラン

ロンドン肉レストラン

肉屋娘おすすめ1位
サンデーロースト ホークスモア/Hawksmoor
美味しいステーキ ホークスモア/Hawksmoor
肉屋娘おすすめ
安くて美味しい人気ステーキ店 フラット アイロン ステーキ/Flat Iron Steak
肉屋娘おすすめ
イタリア系肉レストラン MACELLAIO
肉屋娘おすすめ
ロンドン韓国系焼肉 オレ/Olle Korean Barbecue
肉屋娘おすすめ
ロンドン郊外韓国系焼肉 ジンゴゲ/Jin Go Gae

イギリスの美味しいレストラン

肉屋娘おすすめ1位
ミシュラン2つ星 コア・バイ・クレア・スミス/Core by Clare Smith
肉屋娘おすすめ
ロンドンの行列の出来るスペイン料理 バラフィーナ/barrafina
肉屋娘おすすめ
日本で人気のパンケーキのBills=イギリスではGranger & Co.