ロンドンお肉事情 イギリス伝統料理のローストビーフ”サンデーロースト”


ロンドンに住むようになるまで知らなかったのですが、ローストビーフはイギリスの伝統料理のひとつです。
イギリス料理はフィッシュアンドチップスくらいかと思いきや、意外と色々あるそうです。

その昔、イギリスでは日曜日に教会へ行った後、牛肉を焼いて食べるという習慣があり、現在もサンデーロースト/Sunday Roast”という形で残っています。日曜日は、レストランやパブでローストビーフが限定メニューとして出されるんです。

使われるお肉の部位は店によって色々ですが、厚切りでどーーんと出てくることが多いです。

肉のスジ引きもまともにしていないまま焼いているので、噛み切れない部分があるのはよくあること。

焼き加減をきかれますが、ウェルダン/Well done(=中までしっかり火を通す)にすると、かたくて食べられないこともあるので、ミディアム/Mediumがおすすめ
下の写真は、ミディアムで注文しましたが、この赤さ。レアで頼むと、もっと赤いままで出てくるようですね(^^;)

 グレイビーソース/gravyをかけて食べるのが定番。ローストビーフを焼く際に出る肉汁で作るソースです。味は優しめ、言い換えると薄めな場合が多いです。

定番といえば、このふわふわした茶色いシュークリームの皮みたいな”ヨークシャープディング/Yorkshire pudding”が必ずといっていいほど添えられること。プディング、と呼びますが、プリンではないんです。こんな感じの付け合わせのパンなのです。

ちなみに、ヨークシャープディングは専用の型を使って作ります。

脂をたっぷーーーーり敷いて、生地を入れて、オーブンで20分くらい焼くだけ。めっちゃ簡単。

サンデーローストは、ローストビーフ以外にも、ローストポークやチキン、ラムもあります
こちらはローストポーク。

日曜日は定休日のお店も多いし、デパートもスーパーも早く閉まってしまうし、つまんない~と思いきや、こんな美味しい楽しみもあるんです(^^)お越しの際には是非お試しを~!

——————————————

日英の肉比較

牛肉 サーロイン編
牛肉 リブロース編
牛肉 ヒレ編
牛肉 モモ ランイチ編(ランプ/イチボ)
牛肉 ハラミ編
牛肉 タン編
豚肉 ヒレ編
豚肉 ロース編
豚肉 バラ編
豚肉 カタロース編
豚肉 カタ(ウデ)編
豚肉 モモ編
鶏肉の部位編

ロンドンお肉事情

和牛の美味しさをイギリスへ
スライス肉がないこと
ロンドンの挽肉事情
ローストチキン(丸鶏)
イギリス伝統料理のローストビーフ”サンデーロースト”
ローストビーフ(トップサイド)

ロンドンお肉事情 お店編

Ginger Pig(ロンドンの人気精肉店)
肉レストランMACELLAIO