日英の肉比較 豚肉 モモ編


今回は豚モモ編です。
豚モモは、以前”上肉”と呼ばれ、今ではロースやバラにすっかり追い抜かされてしまいましたが、昭和の頃は一番値段が高かった部位です。昔は脂の少ない豚肉が人気だったんですね。
上肉ください、と高齢のお客様に言われることが今も時折あります。

日英の肉比較 豚肉 モモ編 Leg (レッグ)

英語でモモはLeg(レッグ)で、脚という意味です。または、Ham(ハム)とも呼ばれます。

まずはモモの部位について簡単に(^^)

こちらは脱骨前のモモです。左側に出ているのが脚(ともすね)です。中央上部の盛り上がっている赤いお肉は、うちももで、ちょうどお尻の内側です。このうちももの膨らみ加減は、雌か去勢かを見分けるポイントのひとつです。
momo block

下図のように、モモは脱骨小割後に、うちももそともも、しんたま、すね(ともすね)に分かれます。
関西地方では、うちもも=うちひら、そともも=そとひら、しんたま=まる、と言います。
英語では、うちもも=Topside(トップサイド)、そともも=Silverside(シルバーサイド)/Rump(ランプ)←下図ではまだ分割されていないので、しんたま=Thickflank(シックフランク)、すね=Leg(レッグ)と言います。
momo devidedロンドンのスーパーには、見ての通り真っ赤な、stir fry strips=赤身のコマ切れや、

stir fry strips

leg escalopes=モモ薄切りがあります。
leg escalopes

西島畜産では、脂が苦手な方におすすめのモモの薄切り肉や、厚切りにしたひとくちカツ用
momo slice nishijima

あっさりしたモモのしゃぶしゃぶ用があります。火を通し過ぎると固くなるので要注意です。
脂嫌い&ダイエット意識の母は、いつもこのモモしゃぶを買っています。

momo shabu nishijima

煮豚用などのモモブロックです。お好みの大きさでお作り致しますので、お気軽にご注文ください。
momo block nishijima

以上モモ編でした!
これで一通り、豚肉の部位がおしまいです~♪
次は牛肉の部位について書いていきます。

——————————————

日英の肉比較

豚肉 ヒレ編
豚肉 ロース編
豚肉 バラ編
豚肉 カタロース編
豚肉 カタ(ウデ)編
豚肉 モモ編
鶏肉の部位編

ロンドンお肉事情

和牛の美味しさをイギリスへ
スライス肉がないこと
ロンドンの挽肉事情
ローストチキン(丸鶏)
ローストビーフ(トップサイド)

ロンドンお肉事情 お店編

Ginger Pig(ロンドンの人気精肉店)
肉レストランMACELLAIO