ロンドンお肉事情 ローストチキン(丸鶏)


ロンドンのスーパーの精肉コーナーには、日本ではクリスマスシーズン以外なかなかお目にかかことのない丸鶏がたくさん並んでいます。
roasted chicken1
こちらはオーガニックの商品。
roasted chicken
既に味付け(詰め物)がしてある商品も!
roasted chicken2

丸鶏を見ると、食肉学校で習った脱骨の授業を思い出します(^^)
一羽約3分で脱骨できます。慣れれば結構簡単なんです!
みんなでタイムを競い合って脱骨の練習をしました。楽しかったな~
marudori

脱骨後はこんなかんじ。
まずはボンボを取って、左上にあるのがもも、隣がむね、左下が手羽先、手羽元、ささみ、上にあるのが胴ガラです。
marudori2

肉屋として恥ずかしながら、今まで丸鶏を調理したことがなかったので、これを機にチャレンジ!!
と言いつつ、詰め物がうまく出来るか心配(というより面倒)だったので、既にいろいろと中に詰めてある商品をトライすることに(^^;)

緑だったり、赤かったり、色々な種類がありました。
roasted chicken3
スパイスチキンというのを購入。価格は6ポンド(=約900円)!安い!
roasted chicken4
親切に作り方が書いてあります!
なんと、この袋のままオーブンに入れて1.5時間で完成!楽チン!
roasted chicken5
出来上がりはこんなかんじ。
味は濃そうに見えて、薄かったです(ロンドンではよくあります)
私は脱骨の手順で、バラしながらいただきました笑
大食いの主人ですが、大きめサイズの丸鶏だったので、二人で食べ切るのはなかなか大変でした~。
もう当分鶏肉はいらない、と言われてしまいました。
roasted chicken6
コラーゲンたっぷりで身体に良い上に簡単に作れるので、また違う味を試してみたいです(^^)
自力で詰めて作るのは何時になることやら~