昭和七年創業 東京・中野 新井薬師前駅近く 一頭買いの精肉商

日英の肉比較 豚肉 カタ(ウデ)編

投稿日:2017年11月14日(火)

今回は豚カタ(又はウデ)編です。

日英の肉比較 豚肉 カタ(ウデ)編 Shoulder (ショルダー)

英語でカタロース・カタ(ウデ)はShoulder(ショルダー)で、肩という意味です。

以前ブログに書いたカタロース編と内容が重複しますが、まずは部位について簡単に(^^)

脱骨前の左右両方のカタです。この”カタ”は、脱骨小割後に、カタロースカタ(又はウデとも言います)に分かれます。
kata

脱骨後、上にあるのがカタロース、残りがカタ(ウデ)です。
カタの脱骨はカタバラをめくるのに力が必要でとても大変なのと、羽子板(肩甲骨)を剥がすのが苦手で、いつも苦戦しました~。
kata diveided s

下図のように、このカタ(ウデ)をさらに小割りすると、”とんとろ”で人気のネックまえすねカタバラ(又は骨を付けたままにしてスペアリブ)、ウデに分かれます。

kata kowari

ロンドンでは、diced shoulder(ダイス ショルダー)といって角切りのものをよく見かけます。
diced shoulder
diced shoulder2

西島畜産でも同様に、カレー用/酢豚用が精肉商品として並んでいます。
こちらはカタ、カタロース、モモなどの部位ミックスです。
nishijima curry

それから、ロンドンで販売されているスペアリブ。
spare ribs uk

西島畜産のスペアリブは、とても肉厚です。サイズのご希望ございましたら、お気軽にお声がけください(^^)
spare ribs nishijima
とんとろは、焼肉屋さんへの卸売りで売り切れてしまうことが多いのですが、ご希望の際はスタッフにお問い合わせください。

以上カタ(ウデ)編でした!
——————————————

日英の肉比較

豚肉 ヒレ編
豚肉 ロース編
豚肉 バラ編
豚肉 カタロース編
豚肉 カタ(ウデ)編
豚肉 モモ編
鶏肉の部位編

ロンドンお肉事情

和牛の美味しさをイギリスへ
スライス肉がないこと
ロンドンの挽肉事情
ローストチキン(丸鶏)
ローストビーフ(トップサイド)

ロンドンお肉事情 お店編

Ginger Pig(ロンドンの人気精肉店)
肉レストランMACELLAIO

肉屋の娘ブログ紹介

大学卒業後、肉屋とは全く関係のないメーカーに4年間勤めました。尊敬できる上司や仲の良い同期など、職場環境に恵まれた楽しいOL生活を送っていたのですが、肉屋に目覚め(?)、お肉屋さんの専門学校「全国食肉学校」へ入学。

全国食肉学校総合養成科第49期生

>>全国食肉学校」について

卒業後、西島畜産に入社。結婚後は夫の転勤先であるロンドンにて全農インターナショナルに勤め、和牛を世界に広める仕事に携わりました。

>>和牛を世界に広める仕事」について

人気カテゴリー

イギリス・ロンドン暮らしの参考情報

精肉購入時の注意点、おすすめのお肉など

>>イギリス暮らし参考情報へ

日英肉比較

日本とイギリスのお肉比較

>>日英肉比較へ

世界の肉屋レポート

ヨーロッパから中東、北アフリカ、各国の肉屋について

>>世界の肉屋レポートへ

タグクラウド

こだわりの一頭買い イギリスの美味しいレストラン ウサギ肉 エジプト・モロッコ旅行 ニシジマ人気商品 ヨーロッパ旅行 ラム肉・仔牛肉 ロンドンのマーケット ロンドンの精肉店 ロンドン生活 ロンドン肉レストラン 中野周辺のおすすめのお店 代替肉/ベジタリアンミート 和牛を世界へ 日英肉比較 牛肉 肉屋の娘ブログ 肉屋の賄い 豚肉 鴨肉 鳩肉 鶉 鶏肉 鹿肉

肉屋の娘ブログ:過去の記事