昭和七年創業 東京・中野 新井薬師前駅近く 一頭買いの精肉商

卸売市場で一頭買い!

投稿日:2018年01月31日(水)

すっかりブログの更新が止まってしまいました。
先週、ロンドンに戻ってきましたー!
最近は東京が極端に寒かったので、ロンドンの方が暖かく感じます。

いつもは時差ボケで眠れなかったり、謎の蕁麻疹が出たりするのですが、今回は辛い時差ボケもなく、すんなりとロンドンの生活リズムに戻っています(^^)

日本に帰国中は、卸売市場でセリに参加しました。
nishijima hitachi
普段店頭に並べる黒毛和牛、特売日用の国産牛、他のお肉屋さんに買ってもらう牛・・・、それぞれどの場面で使うか考えながら買い付けます。下の写真のようなロースの断面や、モモやカタへの脂の入り具合、牛の体型などを一頭ずつ見ていきます。
nishijima mekiki
チェックポイントはたくさんあり、こだわりもぞれぞれ。牛の目利きはとても難しいです。
下見からセリが終わるまで、ずっと冷蔵庫の中にいるため厚着をして、懐中電灯で照らしながら牛の品定めをします。
nishijima market
ここの市場では、札を使ってセリを行います。
西島畜産は100番の番号札です。
nishijima 100
私が競り落とさせてもらった、先日の特売日の国産牛。茨城県産の瑞穂牛です。
自分でも驚くくらいの良品でした!!国産牛とは思えないくらい綺麗なサシです。
nishijima tokubai
この品物を特売価格で売るのは、もったいない気もしましたが、特売日は赤字覚悟でお客様に美味しいものをご提供する日ですので、特売価格で販売させていただきました。
お買い上げいただいたお客様、いかがでしたでしょうか?(^^)

次の特売日は2月7日と8日です。特売品が増える予定ですので、お楽しみに!!

肉屋の娘ブログ紹介

大学卒業後、肉屋とは無関係の自動車メーカーに4年間勤務しました。尊敬する上司や仲の良い同期など、職場環境に恵まれた楽しい会社員生活を送っていたのですが、肉屋に目覚め(?)、お肉屋さんの専門学校「全国食肉学校」へ入学。

全国食肉学校総合養成科第49期生

ローストビーフに入刀した肉屋の結婚式

卒業後、西島畜産に入社。JA全農インターナショナル欧州のロンドンオフィスに勤め、和牛を世界に広める仕事に携わりました。

和牛を世界へ