昭和七年創業 東京・中野 新井薬師前駅近く 一頭買いの精肉商

日英の肉比較 豚肉 ロース編

投稿日:2017年09月22日(金)

今回は豚ロース編
とんかつ、ソテー、しゃぶしゃぶ、生姜焼き、炒め物など、ロースは用途の広い部位です。

日英の肉比較 豚肉 ロース編 Pork Loin(ポーク・ロイン)

まずは、豚ロース肉ってどんな部位かを簡単に(^^)

下図のように、脱骨作業前はロースバラでくっついています。
この写真だと、左側が肩ロース(カタ・ウデ)側、右側がモモに続きます。
バラの部分の厚い脂の下に、ヒレが付いています。写真右上にヒレの頭がちょろっと見えています。
loin&belly bone in

下の写真はまだロースの背骨(椎体)や一部の肋骨が付いていますが、脱骨をしてロース(上)バラ(下)に分割したところです。ヒレも取ってあります。

この時、ロースとバラをどこのラインで分割するかは、大体同じですが、お店によって細かなルールがあります。
下の写真は食肉学校の授業なので、教科書的なラインでのカットです。
西島畜産のよりは少しロースが大きめです。
loin&belly half boneless

脱骨後のロースはこちら。
loin boneless

ロースの左側は、リブロースという部分、右側はヒレ下ロース(ヒレが付いているところなので)に分かれます。
左端は肩ロースに続き、右端はモモに続きます。
loin boneless explain

英語で豚ロースはPork Loin(ポーク・ロイン)です。
ロンドンでは、リブロース、ヒレ下ロースで分けて販売をしたり、値段を変えたりはしていません。
(日本でも区別していないスーパーもあります)

肉屋の娘ブログ紹介

大学卒業後、肉屋とは全く関係のないメーカーに4年間勤めました。尊敬できる上司や仲の良い同期など、職場環境に恵まれた楽しいOL生活を送っていたのですが、肉屋に目覚め(?)、お肉屋さんの専門学校「全国食肉学校」へ入学。

全国食肉学校総合養成科第49期生

>>全国食肉学校」について

卒業後、西島畜産に入社。結婚後は夫の転勤先であるロンドンにて全農インターナショナルに勤め、和牛を世界に広める仕事に携わりました。

>>和牛を世界に広める仕事」について

人気カテゴリー

イギリス・ロンドン暮らしの参考情報

精肉購入時の注意点、おすすめのお肉など

>>イギリス暮らし参考情報へ

日英肉比較

日本とイギリスのお肉比較

>>日英肉比較へ

世界の肉屋レポート

ヨーロッパから中東、北アフリカ、各国の肉屋について

>>世界の肉屋レポートへ

タグクラウド

こだわりの一頭買い イギリスの美味しいレストラン ウサギ肉 エジプト・モロッコ旅行 ニシジマ人気商品 ヨーロッパ旅行 ラム肉・仔牛肉 ロンドンのマーケット ロンドンの精肉店 ロンドン生活 ロンドン肉レストラン 中野周辺のおすすめのお店 代替肉/ベジタリアンミート 和牛を世界へ 日英肉比較 牛肉 肉屋の娘ブログ 肉屋の賄い 豚肉 鴨肉 鳩肉 鶉 鶏肉 鹿肉

肉屋の娘ブログ:過去の記事