ヨーロッパ最大級の食の展示会 SIAL in Paris 2018


ずっと訪れてみたかった、ヨーロッパ最大級の食の展示会SIAL(シアル)へ行ってきました!
2年に一度の開催で、場所はパリから車で1時間半程度のパリ・ノール見本市会場/Nord Villepinte。東京ビッグサイトのような場所です。
5日間有効の入場券は110~130ユーロ(=約15,000~18,000円)と高額ですが、出展企業の紹介があれば無料で入場できます(^^)

アジア最大級の食品・飲料専門展示会のFOODEX JAPAN 2018では、3,466社が出店、約7万人が来場したそうですが、SIALの出展企業は7,020社、15万人以上の来場者なので、ほぼ倍です。

そのため、会場は、信じられない程ものすごーーーく広く、全部を一日で見るのはかなり難しいです。

私のお目当てはもちろん、和牛ブース!!

たくさんの人で賑わっていました(^^)日本畜産物輸出促進協議会が中心となった、JA全農インターナショナルと日本ハム、伊藤ハム、合同会社ナイトの4社合同ブースです。

A4ランク以上の黒毛和牛、伊藤ハムさんの”伊藤和牛”。綺麗な霜降りのリブロースが飾られています。

宮崎牛!

日山畜産のスタッフが和牛をカットし、調理、牛串などを試食として提供していました(^^)

試食はあっという間になくなる程の人気ぶり!

和牛関係では他に、日本フードさんのブースがありました。

和牛だけでなく、加工品も展示されています。

全農の和牛を販売しているオランダのNice to Meat。

熟成されたブロック肉の中に、ステーキの厚さしかない和牛のリブロースがぶら下がっていました(和牛のブロックの上にぶら下がっているお肉です)。周りを削ると、可食部はほぼないのでは・・・?

和牛だけでなく、ブラックアンガスも。

和牛に関しては以上なのですが、世界各国の畜産会社が出店していました。

ガビッガビに熟成されてます。

もはや、脂身が紙ぺらのようになってます。

食の展示会だけあって、試食ばかりですっかりお腹はいっぱいに。


スライスしたばかりのハムは、ふわふわで、とても美味しかったです(^^)

試食と言えば・・・こちらのイタリア料理ブースでは、ミシュラン星付きシェフが目の前で食材や料理を英語で紹介しながら作ってくれます。野菜からパスタまで、イタリアの食材をひとつひとつ説明しながら、それらを組み合わせて調理してふるまう、というスタイル。イタリアン4品のコースがしかも無料で楽しめました!

次回も見つけたら、必ず行きたいです(^^)

そして17時頃になると、無料の食べ放題コーナーがあちこちに出現し、さらにお腹いっぱいになり帰宅しました(^^;)


——————————————

肉屋の娘ブログ

全国食肉学校
なぜ肉屋がおもしろいか
ウェディングビーフ?肉屋の結婚式

和牛を世界へ

和牛の美味しさをイギリスへ
ロンドンJapan祭で全農さんのブースをお手伝い
ヨーロッパ最大級の食の展示会 SIAL in Paris 2018

日英の肉比較

牛肉 サーロイン編
牛肉 リブロース編
牛肉 ヒレ編
牛肉 モモ ランイチ編(ランプ/イチボ)
牛肉 モモ ウチモモ編
牛肉 ハラミ編
牛肉 タン編
豚肉 ヒレ編
豚肉 ロース編
豚肉 バラ編
豚肉 カタロース編
豚肉 カタ(ウデ)編
豚肉 モモ編
鶏肉の部位編
鶏肉の部位の勘違い Chicken DrumsticksとWing stick/Drumette

ロンドンお肉事情

スライス肉がないこと
ロンドンの挽肉事情
ローストチキン(丸鶏)
骨付き豚バラ肉の脱骨整形方法
ローストビーフ(トップサイド)
嫌いな人も好きになる?!美味しいラム肉
ラムTボーンステーキでお祝い

ロンドンお肉事情 お店編

ロンドンの精肉店
スミスフィールドマーケット/Smithfield Market
人気精肉店 ジンジャーピッグ/Ginger Pig
薄切り肉を買うならウィレットブッチャー/Willetts Butchers
ロンドンのレストラン
イタリア系肉レストラン MACELLAIO
ホルモン料理 セントジョーンズブレッド&ワイン/st john bread & wine
安くて美味しい人気ステーキ店 フラット アイロン ステーキ/Flat Iron Steak
美味しいステーキ店 ホークスモア/Hawksmoor
ロンドン最古のレストラン ルールズ/Rules
ローストビーフ有名店 シンプソンズ/Simpson’s in the Strand
高級イギリス料理(モダンブリティッシュ) 店 バーナーズ・タバーン/Berners Tavern