イギリス産牛肉トップサイド(ウチモモ)でローストビーフ


イギリス産牛肉のトップサイド/Topside=ウチモモでローストビーフを作ります。 1kgあたり12ポンド=約1800円なので、100gあたり約180円です。 安いです〇
脂が少なくあっさり美味しく柔らかいウチモモは、 和牛のローストビーフでも良く使われる部位です。

イギリス産牛肉のウチモモは和牛と比べ、色が濃いです。

火を通す時間を短くしたいので、半分にカット。
今回のお肉はスジなどは付いておらず、トリミングは殆ど無し。

イギリス産牛肉のウチモモは柔らかくないので、繊維の向きを見間違えないのが大切です。
焼きあがった後に、繊維の向きに直角になるようにカットしたいので、半分にカットする際は、繊維の向きと平行に。

塩胡椒などで下味を付け、中~強火にてフライパンで表面を全て焼きます。
ウチモモはパサパサになりやすいので、この工程で肉汁を中に閉じ込めます。

オーブンに入れておしまい!

パッケージには、 約800gのお肉、焼き加減ミディアムの場合、160度で約40分とありますが、160度だと肉が焦げ付いたので、140度で40分程オーブンに入れました。

焼き加減はちょうどミディアムに。
肉の繊維と直角になるようにカットします。

温かいまま、やや厚めにカットし、いただきました〇

残った分は冷蔵庫に入れ、翌日に薄くカットし、ローストビーフ丼に。

ローストビーフは温製も冷製もどちらも美味しいですよね。

ソースは、醤油(&めんつゆ少し)・みりん・酒・砂糖・おろしニンニクと、焼いた時に出た肉汁で作りました。評判も上々でした◎