ウサギ肉 一匹丸ごとのカット方法1 はじめに&内臓編


日本では殆ど見かけませんが、ヨーロッパではスーパーでも売られている事も多く、馴染みのあるウサギ肉。

イギリスでは精肉店で見かけることが多く、スペインやフランス等の大陸側ではスーパーでも普通に販売されています。

※ウサギ肉、内臓肉の写真が出てきますので、苦手な方やうさぎを飼われている方は読み進めないでください。

上下の写真は、スペインのスーパーマーケットのもの。
スペインでは、ウサギ肉が各部位に分かれて販売されているだけでなく、ウサギ肉ソーセージもあります!

パリのマーケットで販売されていたウサギ肉。
フランス語でウサギ=ラパンです。

ロンドンでは、 デパートや精肉店にて一匹丸ごと販売されています。
今のところ、部位ごとに販売されている店を見つけたことはありません。
下の写真はロンドンの高級デパートセルフリッジ/Selfridgesにて。

セルフリッジ/Selfridgesの食品売り場

今回は、ノッティングヒル・ポートベローマーケットにある精肉店にて、一匹12ポンド(約1500円)で購入しました。

ポートベローマーケットとは?

一匹約1.2kgです。

全長40cm程。
左側が頭です。

お腹に切れ目があり、腸は取り除かれています。

出ているのは肝臓/レバーです。

こちらは腎臓。

それから、心臓と肺も入っていました。

ウサギのホルモンも、焼いて食べることが出来るそうですが、私はちょっと苦手なので、今回はパスしてしまいました。

ウサギ肉 一匹丸ごとカット方法2 後ろ脚編へ続きます。