ヨーロッパ最大規模 ポートベローマーケット/Portobello Road Market


2kmにも及ぶ、ヨーロッパ最大規模の蚤の市、ポートベローマーケット/Portobello Road Market
骨董品やアクセサリー、家財道具、洋服、生鮮品にデリカまで、とにかくいろいろなものが売っているのが特徴です。

場所は、ノッティングヒルの住宅街(東京で言う代官山)の近くで、ノッティングヒルの恋人のロケ地としても知られ、可愛い街並み。ノッティングヒルゲート駅からポートベローマーケットまでは徒歩15分程かかり、最近道案内の看板が増えたものの、道に迷う観光客もいて、よく道を聞かれます(^^;)

金曜土曜以外でも多少ブースが出ていますが、毎週金曜日は生鮮品が多く、土曜日は骨董品のブースが増えます。週末の土曜日は、終日たくさんの人で賑わいます!観光ガイドに”ポートベローマーケットは土曜日に開催”と書かれているためか、特に土曜日は観光客が多くなります。

スリが多い
そうなので、注意が必要です!

ノッティングヒルゲート駅からマーケットへ入ってすぐは、アンティークのショップが並び、屋台もアンティーク中心。ただ、値段は高めなので、あまりお勧めではありません。観光客が多く訪れるので、高めの値段設定になっています。色々な物が売っているので、見るだけでも楽しいです(^^)

マーケットの真ん中あたりは、食料品に変わります。

パイナップルジュースも美味しそう!!

パエリアのお店。

1杯1000円程で、値段は少し高いですがシーフードパエリアは絶品!!

大きなフランクフルトの入った、ホットドッグ

ラムの丸焼きも!

パン屋さんの屋台でいつもパンを購入します(^^)

八百屋さんも。ただし、マーケット真ん中に位置する八百屋は値段があまり安くないので、あまりお勧めではありません。

マーケットを北へ進むと、高架線が見えてきます。この辺りは古着エリア。
この辺りは、治安が悪いので要注意。特に夜はお勧めしません。

高架線下をくぐると、多国籍の屋台が並びます。
一時期ここが通学路だったので、色々な屋台料理をトライしました。

数ある屋台の中でも、ダッグのホットドッグがおすすめです!
ジューシーで美味しいダッグに、ソースはいつもキャラメルオニオンをチョイス。

パン・ラップ・サラダから選べますが、ダッグの肉汁が染み込んで美味しいので私はパン派です(^^)
これはフランス料理ですが、お兄さんはイタリア人だそうです。

さらに北へ進むとその先は、再びアンティークと古着。マーケット入口付近のお店とは違って、値段もお手頃に。マーケット入口付近のお店は値段交渉にあまり応じてくれませんが、この辺りになると観光客も減り、交渉次第で結構安く買えます。金曜日が特におすすめです。

大きな家財道具もたくさん。いつも欲しいな~~と思いつつ、ここまで歩いてくると、我が家まで徒歩30分はかかるので、いつも諦めてしまいます。

掘り出し物もたくさん!
本物と思われる、ウェッジウッドのワイルドストロベリーを1ポンド(約150円)でゲット!


1本道だったマーケット終盤、突き当りには、激安の八百屋さんがあります!!地元の人が沢山集まります。
この手前の魚屋さんは私の行きつけです!

アスパラは2束で1ポンド(約150円)でしたが、そんなにいらないので、トマトにして~とお願いしたら快くOKしてくれました!これ全部で1ポンド(約150円)です!


土曜日はファーマーズ・マーケット/Farmer’s Marketも開催していますが、土曜日は観光客が多く混み合うので金曜日がおすすめです。5月~夏季は、金・土曜以外も、ブースが出ていることがあります。(雨天時はブースが出ていないことが多いです)

以上、ポートベローマーケットでした。

☆注意点☆

・スリが多いので、口が閉まらないバッグやリュックは避けた方がいいです。スマホも狙われるので注意。
・屋台は現金払いが殆どなので、細かい現金があった方が楽です。
・ノッティングヒルゲート駅にトイレはありません。マーケットに何か所か公共トイレはありますが、あくまで公共のクオリティです。多くの人で賑わうマーケット半ばのカフェは、トイレ使用不可の店もあるので注意。マーケットと並行に走る一本横の道か、高架線を抜けてマーケット北側まで来ると、レストランやカフェがあるので、そちらを利用するのがお勧め。
Thai riceというレストランのタイ料理は美味しいですよ(^^)