昭和七年創業 東京・中野 新井薬師前駅近く 一頭買いの精肉商

ラムのバーンズリーチョップ/Lamb Barnsley Chops

投稿日:2021年01月17日(日)

今回は、ラム肉のバーンズリーチョップ/Lamb Barnsley Chopsについて🐑

ロンドンの精肉店Ginger Pigのお取り寄せサイトにて購入。
1本約250gの2本入りで13.75ポンド(約2000円)でした。
100gあたり400円なので、スーパーで購入するラムよりも少し高いです😶

脂の厚さもちょうど良く、肉色も綺麗です😊

くわっと開くとバラ肉がちょろっと付いています。

背骨の左右にTボーンステーキが付いている感じ。
ロースヒレ+端っこに少しバラ肉が付いています。

ちなみに、左右で割ってあるラムチョップはこんな感じ。

下図は牛肉のTボーン。左側がヒレで、右がサーロイン(ロース)です。

話を戻して、このバーンズリーチョップの厚みは2.5cmほど。

イギリスではオーブンで焼くのが一般的ですが、フライパンで焼いてお野菜と一緒に。臭みもなく美味しい😋

バーンズリーチョップを購入したロンドンの精肉店、Gingerpigのお取り寄せについては下記ブログに書きました🎀

牛肉も豚肉も屠畜時に背割りをする(背骨を真っすぐに切って左右に分割する)ので、バーンズリーチョップのように左右が付いている状態で精肉にすることが難しいのですが、ラムは、下の写真の通り、背割りがされていないので、このような商品が出来るようです😀

肉屋の娘ブログ紹介

大学卒業後、肉屋とは無関係の自動車メーカーに4年間勤務しました。尊敬する上司や仲の良い同期など、職場環境に恵まれた楽しい会社員生活を送っていたのですが、肉屋に目覚め(?)、お肉屋さんの専門学校「全国食肉学校」へ入学。

全国食肉学校総合養成科第49期生

ローストビーフに入刀した肉屋の結婚式

卒業後、西島畜産に入社。JA全農インターナショナル欧州のロンドンオフィスに勤め、和牛を世界に広める仕事に携わりました。

和牛を世界へ