イギリス産牛肉 シンタマでローストビーフ


シンタマは、モモ肉の部位ですが、
英語では、シンタマ=ナックル/Knuckle, シック・フランク/Thick Flank、トップ・ランプ/Top Rumpといろいろな呼び方があります。

モリソンズという価格帯が低いスーパーで購入したこともあり、822gで9ポンド、100gあたり100円ちょっとという安さ。
品質も然り、で変色部分やスジはトリミングします。

トリミングしたお肉がこちら。真っ赤な赤身肉です。

今回は、和牛の平脂をぐるっと巻いてから焼いてみることに。

その上から糸巻き。

ちなみに、西島畜産では、糸巻きと脂はサービスですので、ご希望の方はお気軽にどうぞ~通販の場合は備考欄にお書きください。

このままオーブンへ。
お肉の下には玉ねぎを。

40分ほどで完成。思ったほど脂が垂れず、でしたが、良い感じ。

少し焼き過ぎだったかな~と思いますが、お腹弱めなので(夫が)、このくらいで〇。焼き過ぎ赤身肉は歯応えしっかりで硬く感じるので、薄めにカットした方が良いと思います。

牛脂を巻いた意味は~・・・

肉質がかたいお肉だったから、思ったほど脂は浸透せず・・・、香りは良くなりました〇
下に敷いた玉ねぎが、和牛の脂を吸って美味しくできました◎