イタリア・ヴェネチア レースの街ブラーノ島/Burano


ヴェネチア本土からヴァポレット/Vaporettoと呼ばれる水上バス(英語名:Water Bus) で40分、カラフルな街並みが可愛いレースの街、ブラーノ島/Buranoへ。

カラフルな家ばかりになった理由は、霧が出やすい地域のため、漁師が帰って来た際に家が見分けられやすいように、だそうです。

小さな島のため天気が変わりやすく、下の写真は曇り空。

ピザの斜塔よりも傾いている教会の塔
傾き過ぎて、今は塔の上には登れなくなったそうです。

観光客があまり来ない川沿いではない住宅街も、みんなカラフルでした。

お隣と被らないように話し合うのでしょうか

可愛い玄関。

こんな家に住みたいです!

レースのお店が軒を連ねる中、窓越しにレースを編んでいるおばあちゃんに出会いました。

話していたら、家の中に通していただき、自身の作品を見せてくれました。
ブラーノ島、まさかのお宅訪問です。

壁には沢山の写真が飾られていました。
3世代に渡ってレース編みをしているそうです。
以前は、道端で多くの女性がレースを編んでいたんですね。

キッチンには、手作りのお鍋や食器が。
最後は飴ちゃんをいただき、さよならをしました。
30分以上お邪魔していたのですが、全てイタリア語なので、半分も理解できず笑。けれど楽しい時間でした。

ブラーノ島、おすすめのレストランはOsteria Al Museo.

清潔感のある店内に、フレンドリーな店員さん達。

沢山の生ハムの下には、美味しいブラタチーズが!!

パスタも◎

帰りは夕日を見ながらブラーノ島を後にしました。

ブラーノ島と本島間は水上バス40分、というと遠いと思いましたが、実際は景色を楽しみながらなのでそれほど長く感じません。
船酔いしやすい質ですが大丈夫でした!