昭和七年創業 東京・中野 新井薬師前駅近く 一頭買いの精肉商

新ナイフは藤次郎

投稿日:2019年01月14日(月)

包丁はヨーロッパよりも日本製が一番という事で、日本に一時帰国した間にナイフを新調しました(^^)
見た目が格好良い包丁ではなく使いやすい物を選びました。
それがこちら。

父が愛用している包丁と同じなのですが、アマゾンで3000円程という安さの藤次郎の片刃包丁。軽いし、包丁の長さや幅もちょうど良いです♪

そして、さっそく試し切り。

スライス肉どころかこの日はブロック肉がなかったので、2cm程の厚さの豚バラを薄くスライス。

左手で支えにくいのでなかなか難しいですが、おろしたての包丁は切れ味抜群なので、スーっと切れます!

見てくれの格好良い包丁が欲しいとは思いましたが、包丁は”道具より腕”なので、しばらくこの相棒と頑張りたいと思います(^^)

肉屋の娘ブログ紹介

大学卒業後、肉屋とは全く関係のないメーカーに4年間勤めました。尊敬できる上司や仲の良い同期など、職場環境に恵まれた楽しいOL生活を送っていたのですが、肉屋に目覚め(?)、お肉屋さんの専門学校「全国食肉学校」へ入学。

全国食肉学校総合養成科第49期生

>>全国食肉学校」について

卒業後、西島畜産に入社。結婚後は夫の転勤先であるロンドンにて全農インターナショナルに勤め、和牛を世界に広める仕事に携わりました。

>>和牛を世界に広める仕事」について

人気カテゴリー

イギリス・ロンドン暮らしの参考情報

精肉購入時の注意点、おすすめのお肉など

>>イギリス暮らし参考情報へ

日英肉比較

日本とイギリスのお肉比較

>>日英肉比較へ

世界の肉屋レポート

ヨーロッパから中東、北アフリカ、各国の肉屋について

>>世界の肉屋レポートへ

タグクラウド

こだわりの一頭買い イギリスの美味しいレストラン ウサギ肉 エジプト・モロッコ旅行 ニシジマ人気商品 ヨーロッパ旅行 ラム肉・仔牛肉 ロンドンのマーケット ロンドンの精肉店 ロンドン生活 ロンドン肉レストラン 中野周辺のおすすめのお店 代替肉/ベジタリアンミート 和牛を世界へ 日英肉比較 牛肉 肉屋の娘ブログ 肉屋の賄い 豚肉 鴨肉 鳩肉 鶉 鶏肉 鹿肉

肉屋の娘ブログ:過去の記事