フランス・パリの肉レストラン ポルマール/POLMARD


パリ中心部、サンジェルマンから西方面にある、レストランが集まる新しい商業施設の中に、パリの肉レストラン ポルマール/POLMARDがあります。ハイセンスな入口。至る所に、芸術的なオブジェが飾られています。

ポルマール/POLMARDは、畜産農家さんの息子が始めたという精肉店とレストラン。息子さんは6代目ということで、老舗中の老舗です。

熟成肉にこだわっているのですが、なんと15年も熟成させた牛肉 (値段は約40万円/kgで世界で一番高価な牛肉と言われています)も作ったこともあるとか。

こちらの店舗は、1階が精肉店、2階がレストランになっています。
平たい冷蔵ショーケースに精肉が並べられています。

牛肉、豚肉。ブロック肉が殆どですが、網掛けしてあったり、そのままオーブンで調理できるような商品も並べられています。

味付けがされていたり、網掛け+オレンジが巻かれたブロック肉も。美味しそう!
ミートプラザニシジマでも、こういったブロック肉を販売してみたいです。でも売れるかなぁ・・・。

鶏肉、うさぎ、ダック、などフランスらしく色んな種類のお肉が販売されています。

ショーケースの上にはローストビーフも。

冷蔵ショーケースには、パック売りの商品もあります。おしゃれだけど、商品が見にくい木箱。

トレー型の真空パックに入っているのは、牛肉のタルタル!

1階の精肉店をぐるっと見て楽しんだ後に、2階のレストランへ行きました。

定番の牛肉のタルタル(赤字)と、右側の”Steak Haché”/ステーキハッシュのフォアグラ入り(青字)を注文。

Haché=ハッシュ=chopped=細かく刻んだという意味で、タルタルのような細かく刻んだお肉の塊の両面を焼いた物だそう。ハンバーグに近いのかな?と想像しつつ注文してみました。

牛肉のタルタル(26ユーロ=3500円程)。しっかり味付けがされていてとても美味しい!
大好きなマカロニ&チーズも一緒に注文。

こちらがステーキハッシュ/Steak Haché(30ユーロ=4000円程)。

粗びきハンバーグに近い感じ。中はレアです。とろけるフォアグラとお肉のコラボレーションが◎!!

値段はお高いのですが、精肉店を見るのも楽しいし、一度は行ってみて良いお店だと思います。
特にフォアグラ入りのステーキハッシュは一度食べる価値あり!です。

またもや生肉三昧のパリ滞在となりました。今回もお腹の調子は大丈夫!