フランス・ストラスブルグ駅のロッカールーム


パリ東駅からドイツ方面へ電車で2時間、フランス アルザス地方のストラスブルグ/Strasbourgへ。
フランスとドイツの国境沿いの街です。
格安鉄道ウィゴー/OUIGOを使うと、一人片道2500円程‼安くて快適な電車の旅でした(^^)

タイトルにある通り、今回も肉に関することではなく、すみません・・・。

ストラスブルグ駅にロッカールームがあるのですが、ロッカールームの営業時間の記載が日本語・英語共にwebsiteのどこにも書いておらず、とても困ったので、ここに記しておきたいと思います。

これからクリスマスシーズン、多くの日本人観光客もストラスブルグに訪れるかと思うので、ストラスブルグ駅のロッカーについて書き残しておきます。

“Locker”と書かれた案内標識に従って1番線ホームに行くと、鍵の掛かった扉があります。
鍵が掛かっているからと諦めず(営業時間外なんだと、私はここで一度諦めそうになりました~)、横にあるインターンフォンのボタンを押すと、扉を開けてくてます。時間がかかっても、待っていれば開けてくれるので、ここはフランス。ご辛抱を。

ロッカールームに入るには、預ける物、身の回りの品の全てをチェックする厳重なセキュリティが敷かれています。
何の表示もないのに、壊れているロッカーもいくつかあるので注意。分からない場合はスタッフに聞けば、なんでも教えてくれます。両替はカウンターで可能です。一番小さなサイズで1日6ユーロ。小さいといえど、友人3人分の荷物は入りました。

ロッカールームの営業時間。午前6時~午後8時まで
午前中預けて、午後8時以降の列車に乗るときは気を付けてください。
荷物をストラスブルグに預けたまま、帰路に着くことになるか、もう一泊しなければならなくなります(^^;)

24hと書いてありますが、24時間営業という意味ではなく、24時間を超えると追加料金がかかりますよ、という意味です。

以上です。どなかのお役に立てる記載となれば嬉しいです(^^)