スペイン・マドリッドの生ハム博物館(Museo del Jamon)


生ハム博物館(=Museo del Jamon)という名前なので、てっきり博物館なのかと思いきや、生ハムが博物館並みに並ぶ人気のバルでした。

たくさんの人で賑わう店内。
生ハムのブロックが天井から沢山吊るされています。こんなに食べれるのか!てくらいの在庫の量。
一つでも良いので日本に持ち帰りたい‼


一階はカウンターで注文して、立ちながら頂くバルですが、二階はレストランになっています。
みんなでワイワイしながら立ちながら飲み食いするのは、スペインのバルならでは、です(^^)

床に紙屑などのゴミが落ちているバルほど、人気がある、良い店、という証拠だそうです。

イベリコ豚の美味しい生ハムが安価にいただけるお店ということで、大きいサイズを注文。
お味はもちろん◎‼
お肉の赤身の間に見える白い結晶があるほど、どんぐりを沢山食べて育ったイベリコ豚の証拠です。

生ハム博物館/Museo del Jamonの人気の秘密は、美味しさだけでなく、その安さ
500ml生ビールが1.5ユーロ(=約170円)!!
グラスワインや降らすビールは1ユーロのワンコインでいただけるのです!!さすがスペイン‼

店内には、お持ち帰りコーナーもあります。豊富な品揃えで、良質なハムやチーズが安価で売っているので、お土産にはぴったりです。
ただし、日本へ持ち帰るには、ハムなどの肉製品に政府機関発行の検査証明書が必要(検疫)だそうで、実質的に無理なので、お気を付けて。

生ハムブロックの下に付いている小さな傘は、脂受けです。

“Jamon Serrano”は生ハム、という意味ですが、左下の”Jamon IB Bellota”はイベリコ豚の最高品質”ベジョータ”であるため、値段が跳ね上がります。
イベリコ豚は、血統、食べ物や飼育期間、体重などの規定により、下記の3つのランクに分類されます。
1. BELLOTA (ベジョータ)
2. CEBO DE CAMPO (セボ・デ・カンポ)
3. CEBO(セボ)

イベリコ豚は、血統、食べ物や飼育期間、体重などの規定により、下記の3つのランクに分類されます。
1. BELLOTA (ベジョータ)
2. CEBO DE CAMPO (セボ・デ・カンポ)
3. CEBO(セボ)

スライスされていないブロックも販売してありますが、薄くカットするのが難しいので、スライスしてある方をお勧めします。

美味しいそうなハムや、

スイーツまで!

あれもこれも食べたくなる、美味しい生ハム博物館でした。
マドリッドに訪れる際には、絶対に行くべきお店です。
生ハム博物館/Museo del Jamon