ロンドンお肉事情 ラム肉での失敗


美味しさに感動!!とブログで紹介してきたイギリスのラム肉。
今回は、あまり美味しくなかったな~と思ったラム肉の商品について。

思わず”失敗”とタイトルに書いてしまいましたが、私は好みではない、ということで、人によっては美味しい、と思うかもしれません。

上の画像右下、Haggisの横にある”Stuffed Lamb Roll“。
安いし、美味しそうだったのでロンドンの精肉店で購入。

ハーブやらが中に入っている様子。

スジが気になりますが、糸巻きもしてあるので、このままオーブンで焼いてみます。

焼き上がりは・・・

えーーーーーーなんか出てきてるけども!!

味どうこうというより、硬くて食べれない・・・
だってスジだらけだもの・・・。

次は、失敗、というほどではありませんが、Waitroseというアッパースーパーで購入したラムレッグ

見た目が可愛いいので思わず購入。

またもスジが気になりますが、トリミングせず、このままいきます。イギリス流で。郷に入りては郷に従えというやつです。

お味は・・・薄い。
お肉は・・・プリっとしていて美味しいお肉ですが、いつものラムより臭みがある、スジが残っているので時折噛み切れない。でした。

イギリスは、失敗、というか、自分の口には合わないものも多いので、使ったことがない商品になかなか手を伸ばしにくいのですが、懲りずにチャレンジしていこうと思います。