昭和七年創業 東京・中野 新井薬師前駅近く 一頭買いの精肉商

ロンドンお肉事情 仔牛肉 ヴィール/Veal のハラミ/Bavette

投稿日:2020年07月26日(日)

最近のマイブーム肉は、仔牛肉(ヴィール/Veal)のハラミ(バヴェット/Bavette)。ハラミは英語で、バヴェット/Bavetteまたはアウトサイドスカート/Outside Skirtと言います。

13.99ポンド/kgなので、100gあたり200円ほどでお値段も◎
スーパーで見つけたら毎回購入しています〇
こちらのスーパーでは真空パックで販売されているので、日持ちもします。

仔牛肉は、脂身が少なく、色味は豚肉、食感はラムのように柔らかくて、臭みがない美味しいお肉です。

下の写真がイギリス産牛肉のハラミ/Bavette。
真っ赤です。仔牛肉よりも味が濃いです。

一方こちらが日本が誇る松阪牛のハラミ。
霜降りが入るのが和牛の特徴です。

購入した仔牛肉は、余計なスジを軽く取り除く程度で殆どトリミングする必要はなく、柔らかいお肉なので厚めのカットがお勧め。

青色の矢印がお肉の繊維のラインなので、それに直角になるよう赤い矢印のようにお肉をカットします。
野菜や魚もそうですが、繊維に対して垂直にカットした方が、お肉を柔らかく頂くことができます◎

フライパンで焼いて、焼肉のたれもお勧めですが、あっさりネギ塩レモンもおすすめです。

仔牛肉は日本ではなかなか手に入らないので、欧州在住の方は是非試してみてください!

仔牛肉のオッソ・ブーコ/Osso buco = すね肉も販売していたので、今度買ってみたいと思います。

肉屋の娘ブログ紹介

大学卒業後、肉屋とは全く関係のないメーカーに4年間勤めました。尊敬できる上司や仲の良い同期など、職場環境に恵まれた楽しいOL生活を送っていたのですが、肉屋に目覚め(?)、お肉屋さんの専門学校「全国食肉学校」へ入学。

全国食肉学校総合養成科第49期生

>>全国食肉学校」について

卒業後、西島畜産に入社。結婚後は夫の転勤先であるロンドンにて全農インターナショナルに勤め、和牛を世界に広める仕事に携わりました。

>>和牛を世界に広める仕事」について

人気カテゴリー

イギリス・ロンドン暮らしの参考情報

精肉購入時の注意点、おすすめのお肉など

>>イギリス暮らし参考情報へ

日英肉比較

日本とイギリスのお肉比較

>>日英肉比較へ

世界の肉屋レポート

ヨーロッパから中東、北アフリカ、各国の肉屋について

>>世界の肉屋レポートへ

タグクラウド

こだわりの一頭買い イギリスの美味しい飲食店 ウサギ肉 エジプト・モロッコ旅行 ニシジマ人気商品 ヨーロッパ旅行 ラム肉・仔牛肉 ロンドンのマーケット ロンドンの精肉店 ロンドン生活 ロンドン肉レストラン 中野周辺のおすすめのお店 代替肉/ベジタリアンミート 和牛を世界へ 日英肉比較 牛肉 肉屋の娘ブログ 肉屋の賄い 豚肉 鴨肉 鳩肉 鶉 鶏肉 鹿肉

肉屋の娘ブログ:過去の記事