エジプト・ルクソール観光 カルナック神殿/Karnak Temple


ルクソール、ナイル川東岸にあるカルナック神殿/Karnak Templeへ。
2015年にテロ未遂事件があった場所です。
広い踊り場を抜けて、入口に向かいます。

新しく綺麗なビジターセンター。

ビジターセンターを抜けると、第一塔門が見えてきます。
4000年前に着工が始まり、2000年前まで続けられました。
カルナック神殿の第一塔門は、壊されたのではなく、建築途中だそう。

第一塔門前のスフィンクス参道。

お顔が羊のスフィンクス達。

圧巻の大列柱室
一生に一度は訪れるべき。

こんな大きなものを、どうやって作ったのでしょう。

オベリスク。

一枚岩で造られたオベリスクは、トトメス一世とその娘のハトシェプスト女王の二本。親子のオベリスクと呼ばれています。

聖なる甲虫、スカラベ(フンコロガシ)。
このスカラベの像の周りを反時計回りに7回まわると、願い事が叶うそう。
ネットでは3回周ると、と書いてありましたが、エジプト人ガイドは7回と言ってました~どっちかな~どっちでもいいか。

修復の日を待つブロック達。

修復中の第8塔門。

100ヘクタール以上の広さをもつカルナック神殿は、足場も悪いので、歩きやすい靴は必須です。

探検気分であちこち散策するのが楽しいです。
あっという間に一時間が経ちました。