日英の肉比較 牛肉 モモ ランイチ編(ランプ/イチボ)


英語ではRump(ランプ)

アメリカでは、トップサーロインバット(Top Sirloin Butt)、オーストラリアとイギリスではランプ(Rump)です。イチボに該当する英語はありません。

こちらはロンドンのスーパーで売っているランプステーキ。230gで4ポンド(=650円)ほど。値段は安いけれど、クオリティは△。 
下の写真はロンドンのホールフーズで売っていたイチボステーキ。PICANHAは、ポルトガル語でモモ肉の意味です。

ホールフーズで和牛のランプステーキを発見!!いやいや、どう見ても和牛の品質には見えません・・・。

“GRASS-FED”=牧草を食べて育った?!
和牛は穀物肥育で、牧草を食べて育たないので・・・。和牛の定義がよくわからない今日この頃・・・。
日本に帰ったら、食肉学校の先生に聞いてみます!!

裏面には説明書きが。”Wagyu cross-bred”和牛の血を引いているものの、結局は交雑種。日本のルールだと、和牛表記をしてはいけませんよね・・・。”和牛”ブランドの管理って、どこの機関がやってくれているんでしょうか?帰国したら、いろんな人に聞いてみよっと・・・もしくはご存知の方、是非「お問い合わせ」より、メッセージくださいm(。_。)m

ランプステーキの調理

フランス系肉屋のPROVENANCEで味付きランプステーキを購入♪1枚200gで5.5ポンド(=800円)ほど。

ハーブ系の味付け。表面を焦がさないように気を付けながらフライパンで焼きます。

焼くとこんな感じ!こう見えてやっぱり味付けは薄い(←ロンドンあるある)ですが、美味しくいただきました!

——————————————

肉屋の娘ブログ

全国食肉学校
なぜ肉屋がおもしろいか
ウェディングビーフ?肉屋の結婚式

和牛を世界へ

和牛の美味しさをイギリスへ
上州和牛デモンストレーション
ロンドンJapan祭で全農さんのブースをお手伝い
ロンドンHyperJapanで全農ブースをお手伝い
ヨーロッパ最大級の食の展示会 SIAL in Paris 2018

日英の肉比較

牛肉 サーロイン編
牛肉 リブロース編
リブロースの売り方について考える
牛肉 ヒレ編
牛肉 モモ ランイチ編(ランプ/イチボ)
牛肉 モモ ウチモモ編
牛肉 ハラミ編
牛肉 タン編
豚肉 ヒレ編
豚肉 ロース編
豚肉 バラ編
豚肉 カタロース編
豚肉 カタ(ウデ)編
豚肉 モモ編
豚肉 ポークリブ/Rack of Loin Ribs
鶏肉の部位編
鶏肉の部位の勘違い Chicken DrumsticksとWing