昭和七年創業 東京・中野 新井薬師前駅近く 一頭買いの精肉商

白金にあるフレンチ、”アルシミスト”

投稿日:2015年07月11日(土)

中学時代の友人が白金でお店をはじめた、と聞いてずっと行きたかった白金高輪のフレンチ、アルシミストへ行ってきました。久々の電車、かなり久しぶりの白金で、緊張して行ってきました。

フレンチというと、前菜⇒スープ⇒魚⇒肉⇒デザートの流れで5~多くても8品だと思っていたのですが、
アルシミストでは、なんと13品。
デザートだけでも3品でした。
IMG_3954r
食事が終わるのに3時間以上かかります。フランスで食べるフレンチ並みです。
が、魅力的なお料理と楽しい会話で、かなりあっという間に感じました。

一品一品その全てが、お皿の上の食べれる正に芸術で、ずっと見ていたくなるような、壊すのがもったいないくらいでした。
IMG_3940r

珍しい食材もふんだんに使われていて、これなになに~?と結構楽しいです。

下の写真の、クラッカーのようなものは豚の皮です。豚の皮といえば、”pig skin”といってバッグなどの革製品や、化粧品に使われることもありますが、食べるのは初めてでした。臭みもなく、美味しかったです。ラフテーで知られるように沖縄では豚の皮の料理もありますが、フレンチでも使われるんですね。
IMG_3939r
川で泳ぐ稚鮎。可愛いのでこれが一番好きです。
IMG_3941r
そして、お肉料理。歯ごたえがある赤身肉もお料理の腕でこんなに美味しくなるんですよね。
IMG_3944r

一つ一つに心を込め、技術を込める、そんな素敵で美味しいフレンチでした。

ちょっと反省になってしまいますが、
私はせっかちな性分もあり、料理をする時は常にテキパキしたい、ひたすら効率的に進めたい、と作業的にしがちです。それだけではなく仕事においても、色んな側面で、「些細な所まで気持ちをこめる」とか「芸術性」とか、そういったものが全くもって欠如しているなぁと思いました。

単に同級生と楽しく食事をしただけでなく、色々と勉強になった一日でした(^^)
アルシミストの山本シェフ、ソムリエのまきこ、ご馳走さまでした!
白金にあるフレンチ、”アルシミスト”

肉屋の娘ブログ紹介

大学卒業後、肉屋とは全く関係のないメーカーに4年間勤めました。尊敬できる上司や仲の良い同期など、職場環境に恵まれた楽しいOL生活を送っていたのですが、肉屋に目覚め(?)、お肉屋さんの専門学校「全国食肉学校」へ入学。

全国食肉学校総合養成科第49期生

>>全国食肉学校」について

卒業後、西島畜産に入社。結婚後は夫の転勤先であるロンドンにて全農インターナショナルに勤め、和牛を世界に広める仕事に携わりました。

>>和牛を世界に広める仕事」について

人気カテゴリー

イギリス・ロンドン暮らしの参考情報

精肉購入時の注意点、おすすめのお肉など

>>イギリス暮らし参考情報へ

日英肉比較

日本とイギリスのお肉比較

>>日英肉比較へ

世界の肉屋レポート

ヨーロッパから中東、北アフリカ、各国の肉屋について

>>世界の肉屋レポートへ

タグクラウド

こだわりの一頭買い イギリスの美味しいレストラン ウサギ肉 エジプト・モロッコ旅行 ニシジマ人気商品 ヨーロッパ旅行 ラム肉・仔牛肉 ロンドンのマーケット ロンドンの精肉店 ロンドン生活 ロンドン肉レストラン 中野周辺のおすすめのお店 代替肉/ベジタリアンミート 和牛を世界へ 日英肉比較 牛肉 肉屋の娘ブログ 肉屋の賄い 豚肉 鴨肉 鳩肉 鶉 鶏肉 鹿肉

肉屋の娘ブログ:過去の記事