デンバー・ステーキ/Denver Steakとは・・・ざぶとんステーキ!


デンバー・ステーキ/Denver Steakとは

スーパーで見かけたデンバー・ステーキ/Denver Steak
タイトルに答えを書いてしまいましたが、発見時にはどこの部位か分からず取り敢えず購入。
よくわからない肉は取り敢えず買ってみて、家でうんうん悩むのが楽しみのひとつ。笑

600gで7ポンド(約1000円)とお安かったです。

Googleさんによると、アメリカ発祥の最近人気のステーキらしい。

Denver is sometimes called the zabuton or underblade steak・・・
デンバー・ステーキは、”ざぶとん”や”アンダー・ブレード・ステーキ”とも呼ばれる。

デンバーステーキはざぶとんだったのか!!

ざぶとんは英語でチャック・フラップ/Chuck Flapと呼んでいたので、別名があったなんて。勉強になりました。
やっぱり謎の肉は取り敢えず買ってみるべし!です笑

下の写真はミートプラザニシジマで販売している和牛のざぶとんステーキ
ざぶとんのイメージが↓なので、デンバーがざぶとんとは思いもしませんでした。

霜降りが入っている方とはいえ、結構赤いし、ぬめっとしているし。
てっきり人気のハラミ(英語でハラミはbavette)をまた別名で呼んでいるものかと考えていました。

ざぶとんは、割と大きな肉の塊なのですが、なぜ↓の形状になるのか、身割れしているのか謎です。

真空包装なので色が沈んでいますが、下の画像が和牛のざぶとんブロックバージョン。

なんでデンバーってお名前?

ネットによると、

Why Denver? No great backstory here, only that a consumer focus group found the name appealing. It’s certainly more appetizing than “zabuton.”

大した意味はなく、“ざぶとん”よりも消費者ウケの良い名前だったから。

なるほど。
シェフか誰かの名前かと思ったけれど、そういう訳でもないんですね。
アメリカ発で、次なる流行ステーキを狙っているようです。
近々日本でも輸入ステーキを扱うレストランが”デンバーステーキ”を売り出すかも、、、と思って調べてみたら、もう既に”デンパープレミアム”なるレストランがあるんですね。

肉仕事で会う外国人たちは”Zabuton”を知っている人も多かったのですが、たしかに”Denver”の方が言いやすいですよね。

焼肉のたれで味付けして野菜炒め風で頂きました。

柔らかくてとっても美味しかったです◎