和牛を世界へ ニューヨークの料理学校CIA


ドバイ出張後は、ニューヨークへ。
今回は、ニューヨークの料理学校CIA/カリナリー・インスティテュート・オブ・アメリカにて、和牛セミナーを行いました。

世界一の料理学校とも呼ばれるCIAは、 東京ドーム約13個分の広さの敷地に、40個所もの実習教室にレストラン、カフェ、ブリューワリー、そして寮も併設されています。

授業料は、日本の医学部と同じくらい高額(もしくはそれ以上)で、世界の富豪たちの子供が多く集まります。

広々とした素敵な校舎が並びます。

私の母校である食肉学校でお世話になった佐俣先生をお呼びし、日本食講座の一つとして和牛セミナーを行いました。
一時間に及ぶ和牛座学。生徒たちはみんな真剣。

調理実習で使用したのは、写真の均等3分割肩ロースサーロイン

野菜などその他の食材も、なるべく日本のもの、日本で使用するものに近い物を使います。ニューヨークは、ロンドンでなかなか手に入らない日本食材も手に入って羨ましいです。

和牛のサラダ仕立て、しぐれ煮、すき焼き、ステーキの4品を調理します。

スライサーでリブサイドをカッティング。

綺麗な霜降りに一同感動!

佐俣先生によるデモンストレーションの後は、グループに分かれ、調理。
私は、生まれて初めて”シェフ!”と生徒に呼ばれ、なかなか反応できませんでした笑 シェフではなく、ブッチャーです~。

配膳。
見た目もとても大切です〇

こちらは先生作。

生徒作。

すき焼きは土鍋に盛り付けます。
座学から始まり、調理が終わるまで長丁場でしたが、調理までしっかり行うセミナーは、私にとって初めてでしたので、学ぶ事が多く、有意義な時間となりました!ありがとうございました。

最後に・・・
お昼ご飯は食堂で頂きましたが、調理実習で食べきれなかったケーキの山が!
この学校に居たら確実に太ります~。