南イタリア・ラヴェッロ アマルフィから天空の街ラヴェッロへ


アマルフィからバスで30分程の街、ラヴェッロ/ Ravello へ。
高台の上にあるので景色が抜群で、”天空の街”とも呼ばれます。

下写真は、ラヴェッロのバス停からの景色。

バスを降りて高架線をくぐるとすぐ、ラヴェッロ大聖堂/The Duomo (Cathedral) Ravelloのある広場にでます。

11世紀に建てられ、バロック・ロマネスク調が混ざった、白が美しいラヴェッロ大聖堂。

一見シンプルな大聖堂に見えますが、モザイクがとても綺麗です。
大理石のライオンが支える支柱も見どころのひとつ。

旧約聖書のヨナ/ Jonah のモザイク
ヨナは、大魚(クジラ)に飲み込まれ、三日後に無傷で吐き出されたとされる預言者です。クジラというより、ドラゴンかなんらかのモンスターに見えます。

大聖堂の近くには、カフェや土産店が並びます。

お花が綺麗で可愛い小路もたくさん。

アマルフィ同様、ラヴェッロもレモングッズ押し。

どれも可愛いです。

パスタの量を図る計量器。

陶器工場もあります。

陶器の街なので、軒先にあるナンバープレートも可愛いです。

“猛犬注意”って日本にもありますよね。

ラヴェッロへの旅行を検討している方へ

・アマルフィからラヴェッロの行き方
ラヴェッロは、タクシー又はバスでアマルフィから30分ですが、交通渋滞の影響でバスがなかなか来ない且つ観光シーズンは満員で乗れないことも。
バスチケットはアマルフィのバス停前のタバコ屋で購入できますが、返金不可と書かれていました。おそらく、往復チケットを購入したものの、バスに乗れずにタクシーを使う人が多くいるのだと思います。

帰り道、私たちがラヴェッロのバス停に着いた頃、既にこんなにたくさんの人が。すでに30分以上待っているとのことで、このあと更に30分後にバスがようやく来ました。
バス停の景色が綺麗なので、時間がある場合はこれも良し。

ただし、特に観光シーズンでは、ご高齢の方や、子連れ、大人数の場合はタクシーがお勧めです。ラヴェッロのタクシー乗り場はバス停のすぐ近くです。

・ラヴェッロ自体は小さな町なので、半日もあれば十分に観光ができますが、上記の理由で、往復に時間がとられる場合があるのでご注意を。