寄居ポーク

埼玉県寄居町では、秩父山麗からの清流を育む緑豊かな環境に恵まれて、寄居ポークがすくすくと成長しています。寄居養豚センターは、昭和31年より、半世紀以上に渡りこの地域で養豚を続けております。

種豚について

GP種豚を導入し、自社にて種豚育成を手掛けています。これにより、種豚の選抜や、病気の外部侵入リスクを減らしています。

飼料のこだわり

飼料は、全量国内飼料メーカーより鹿島工場を経て、直送車両で農場に搬送されます。また、古代地層から取り出したフミン酸を餌と一緒に与えています。

水は、地下水と上水道を使用し、強力磁力により地養水として農場全体で飲用しております。

寄居養豚センター