スーパーマーケット・トレードショーに行ってきました


東京ビッグサイトで開催された第50回スーパーマーケット・トレードショーに行ってきました。
50回という節目の年であったためか、例年よりも規模が大きく、モーターショー並でした。
4時間以上歩きまわり、おかげで筋肉痛です(^^;)
関係先の方々だけでなく、久しぶりに食肉学校時代の同級生にも会うことができました♪

最新式のショーケースや計量器に興味津々のスタッフたち。
2016-02-12 11

誰でも簡単に色々な種類の調理ができる自動調理器など、最新鋭の機器には驚きました。
材料を入れるタイミング、焼いているものをかき混ぜるタイミング、完成のタイミング、いちいち全て機械が教えてくれます。スーパーのお惣菜はこうやって作られるんだな~と。

人の仕事が機械に取って代われつつある実情、どこのスーパーにいっても似たような美味しそうなお惣菜が並んでいる理由を、知ることができました。

人件費やコスト削減、異物混入防止、味の一定性。
確かに大切なことですが、一辺倒な料理や作業に少し疑問も感じました。
どこに行っても同じ味って寂しくないですか?
ボタン一つで色々な料理がすぐに出てくるドラえもんの世界まで、あともう少しなんですね。

新井薬師のお店では、肉屋らしいオリジナルのお惣菜を提供していきたいので、こういった機械はまだ不要かな、と考えています。
例えば、手ごねで作る手作りメンチカツは、どこのスーパーのメンチより美味しく、実際にとてもよく売れています。

機械には取って代われない部分、ノウハウや商品力が、当店の強みだときちんと認識した商品作りが必要だと思いました。