ロンドンお肉事情 仔牛肉 ヴィール/Veal のハラミ/Bavette


最近のマイブーム肉は、仔牛肉(ヴィール/Veal)のハラミ(バヴェット/Bavette)。ハラミは英語で、バヴェット/Bavetteまたはアウトサイドスカート/Outside Skirtと言います。

13.99ポンド/kgなので、100gあたり200円ほどでお値段も◎
スーパーで見つけたら毎回購入しています〇
こちらのスーパーでは真空パックで販売されているので、日持ちもします。

仔牛肉は、脂身が少なく、色味は豚肉、食感はラムのように柔らかくて、臭みがない美味しいお肉です。

下の写真がイギリス産牛肉のハラミ/Bavette。
真っ赤です。仔牛肉よりも味が濃いです。

一方こちらが日本が誇る松阪牛のハラミ。
霜降りが入るのが和牛の特徴です。

購入した仔牛肉は、余計なスジを軽く取り除く程度で殆どトリミングする必要はなく、柔らかいお肉なので厚めのカットがお勧め。

青色の矢印がお肉の繊維のラインなので、それに直角になるよう赤い矢印のようにお肉をカットします。
野菜や魚もそうですが、繊維に対して垂直にカットした方が、お肉を柔らかく頂くことができます◎

フライパンで焼いて、焼肉のたれもお勧めですが、あっさりネギ塩レモンもおすすめです。

仔牛肉は日本ではなかなか手に入らないので、欧州在住の方は是非試してみてください!

仔牛肉のオッソ・ブーコ/Osso buco = すね肉も販売していたので、今度買ってみたいと思います。