牛を買いに行ってきました!


卸売市場のセリに行ってきました!週に2回~4回ほど社長が市場に行きますが、私も同行して、お肉の見方、目利きの勉強をしています。

写真は本日買った牛肉です。キメが細かく良質な肉質が特徴の長野県産、美雪和牛を中心に買い付けました。
2014-11-10 14
切り口の断面に加え、枝肉全体の形やそれぞれの部位の霜降りの入り具合などの肉質、脂の付き具合、脂質などを総合的にチェックします。

日本格付協会により、「A5」「A4」といった等級が付いているものの、「A5」といっても良し悪しがかなりあるので、この目利きがとても大切になります。
特に最近は基準が緩くなり、今までよりも「A5」に該当する枝肉の基準が広くなったそうです。この牛も「A5」なの?という場合も多々あります。逆に、「5」に近い「4」もよくあります。
一頭一頭違うのに、たった15段階で評価することに、そもそも無理があるような。。。
この見極めはとても難しいですが、一人でセリに参加できるよう、頑張ります!(^^)